Bittersweet Maybe

ただの日記を予定しています。金曜更新のつもりでいます。それ以外の曜日に小さな日記を書くこともあります。

年をとったら差が出てくる

NCIS:ニューオーリンズ」には、スコット・バクラさんが出ている。

 

スコット・バクラさんは、「スタートレック エンタープライズ」で艦長を演じていた人だという説明が一般的だが、夫にとっては「チャックのとうちゃん」だ。

「チャック!」というドラマで、主人公チャックの謎の父を演じていたからだ。

わたしはアメリカドラマファンだが、夫はそうでもないので「スタートレック エンタープライズ」のほうは知らないのだ。

 

NCIS」は海軍犯罪捜査班で、「CSI」の科学捜査班も、「LOW & ORDER 性犯罪特捜班」のヴィクテムズユニットも、「コールドケース」のフィラデルフィア警察も、名前は違ってもやることはだいたい警察みたいなものである。

捜査官たちが銃を構えて、中腰で壁伝いにドアに近づいていき、「ジョン・スミス! NCIS オープンザドア!」みたいなことを叫ぶ。当然相手は応答しないから、うなずきあって一人がドアを蹴破る。

用心しながら、銃を構えて中腰で進む。

廊下の角を曲がるときや、部屋に入るときは、サッと向きを変えて鋭く辺りを見る。

 

毎回のように見るシーンだ。

家じゃなく、倉庫や船や廃墟のときもあるけど。

 

NCIS:ニューオーリンズ」が始まって、当然そういうシーンが毎回のようにある。

ここのチームユニットはそれほど大きくない。そこが親しみやすくていいところなのかもしれないな。

NCIS」のギブスも、「NCIS:NO」のプライド(スコット・バクラさん)も、チームリーダーでありながら自らも「オープンザドア!」に参加することが多い。

まあ、アメリカドラマの場合、自ら参加するボスが多い。そういうキャラでないとヒーローになれないらしい。

 

NCIS:NO」でスコット・バクラさんの「オープンザドア!」を見ていて、この人が意外と年をとっていると気づいた。

白髪だし、年をとっているのは分かっているのだけれど、中腰で警戒しながらササッと進んでいく姿を見ていたら、年だということがすごくよく分かったのだ。

 

あー、そうか。と思った。

 

少しロングで全身を映したり、背後から体つきを映したりすると、身のこなしに差が出てしまうんだ。年による差が。

なんか、老人ぽい。

 

やがて回が進むと、すっかり体も慣れて、スコット・バクラさんもきびきび動いているように見えてきた。

 

若者か30代くらいまでなら、自分が警官役をやることになって急きょ対応しても、なんとかなるのだ。たぶん。

でも60代となると、体が慣れるまで時間がかかるのだ。たぶん。

 

スコット・バクラさんもエンタープライズ号の艦長だったんだし、アクションもこなしてきたはずだ。

だけど、ブランクがあると、30代と60代では取り戻すまでにかかる時間が違うのだ。たぶん。

 

それでもすぐに元に戻してきたのは、さすが俳優。

 

 

――ただ自分も、さっそうと歩いているつもりでも、年が出ているんだろうと思って、現実をつきつけられただけだ。

――まあ、体格よすぎなので、さっそうとは歩けないのだが。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。