Bittersweet Maybe

ただの日記を予定しています。金曜更新のつもりでいます。それ以外の曜日に小さな日記を書くこともあります。

kindle版の本を買ってみたいということについて

Kindle ダイレクトパブリッシングで個人出版してみて、Kindleアプリというものも体験することになった。

目に優しい専用リーダーというのが欲しいところではあるけれど、高いしなー。

アプリなら無料だ。好きな本はKindle版を買うのもいいかな、と思う。



なんといっても、紙の本と違って場所をとらないし、持ち歩きも大変便利。



ところが。

 

わたしの好きな本は、たいてい外国の小説なのだ。

 

夏目漱石の本などは、0円で売っているものも見つけたけれど、これが外国人の著者のものとなると0円どころか、Kindle版がないものも多い。

 

ジェイン・オースティンが好きだが、もっとも好きな阿部知二の翻訳によるものは、一冊しか見つからなかった。「説きふせられて」だ。

「説きふせられて」は好きだから、買おうかなとも思うけど。

 

「高慢と偏見」の阿部知二訳があったらいいのだが。

やはり「高慢と偏見」が一番好きだ。

 

「ノーサンガー・アベイ」はないみたい。

「エマ」「分別と多感」は、訳者がどんな人か、よく分からないもののみ。

 

アン・ブロンテはなかった。

そりゃ、そうか、とは思うけど、残念。

「ワイルドフェルホールの住人」などは、ものすごく分厚いので、Kindle版があったらいいんだけどな。

 

わたしが好きだったSFもたぶん、あまりないだろうな。

 

外国文学は、翻訳者の著作権もあったりして、ちょっと面倒そうだ。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。