Bittersweet Maybe

ただの日記を予定しています。金曜更新のつもりでいます。それ以外の曜日に小さな日記を書くこともあります。

BABY METALの歌詞について――関係ないんだよな(シリーズ:BABYMETAL)

BABYMETALの歌は歌詞がどうしようもない、という批判を読んだことがある。
まだこれほど認知される前で、でも知ってる人は知ってるという頃で、他のアイドルグループのファンからの非難だった。


この批判を読んだときは、思った。「まぁね」


でもそれを気にせず、てらいなく堂々と歌うSU-METALがすごい。
それに引き込まれちゃうのかもなー なんて思いながら、変な歌詞であっても楽しくパフォーマンスを見てしまう。

で、海外にファンが増え、海外ライブが人気と言われるようになって、数々の動画がYouTubeにアップされていく。

そういう動画を見ていると、歌詞は関係ないんだな、と思う。
わたしも洋楽を聴くときは、あまり気にしてないもんな、と。

すごーく好きになった曲や、すごーく崇めてるバンドだったら歌詞カードなどを見たりしたけど、それもCDってものをあまり買わなくなったらなくなった。

歌詞の意味など気にしないとしたら、
「チョマッテ、チョマッテ~」とか「ギミアチョコレート、チョチョチョ」とか、
単純なフレーズは、キャッチーで覚えやすい。


好きな歌なら、分からなくても分からないなりに歌ってみたりするんだよなー
と、自分を振り返る。英語が変でも鼻歌歌っちゃうもんね。


この人などは、たぶん日本語を勉強したりしてないと思うけど、とてもうまい。
https://m.youtube.com/watch?v=2axsFn5o4as

吹いたら負け 謎の黒人による爆笑



まあ、つまりそういうことだ、と思う。
歌詞なんてどうでもいいんだ、海外で売れるためには。

これが英語なら、分かる人も多くて、歌詞の意味も重要なんだと思う。
それが人気を博する要素のひとつになるのだと思う。


でも日本語なんて、知ってる人は少ないもの。
真似して歌いやすい単語の箇所が少しあれば、つかみはオッケー。
好きになったら、意味を知りたくなって、「こういう意味の歌なんだぜ」って語ることもあるだろうけど、そのときにはもう好きになってるからね。
なんと、こんな変な内容だったのか、と思ったって別にいいのだ。


なんてなことを考えて、昔見た伝説的な北斗の拳の歌動画を探し出してみた。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。