Bittersweet Maybe

ただの日記を予定しています。金曜更新のつもりでいます。それ以外の曜日に小さな日記を書くこともあります。

どんなことでも、何かの形で成果があるっていい

4月はそれなりに疲れた。

 

それほど仕事に気合いを入れないつもりだった。でもやっぱりちょっとは疲れた。

あまり新しい職務に期待をしないつもりだった。でもやっぱりちょっとはため息が出た。

プライベートを大切にするつもりだった。でもやっぱりなかなかできなかった。

家には仕事のことを、仕事自体はもちろん、気持ちも記憶も持ち帰らないつもりだった。でもやっぱり100%は振りきれない。

 

ふと思うのは、やっぱり3月末までに、前からやってみたいと思っていた電子書籍を出版までしたのって、よかったなってこと。

 

それが売れるってわけじゃない。

誰かが「すごくよかった」と言ってくれるわけでもない。

人生が何か変わるわけでもない。

 

それでも、何かをしようとして、ちゃんと出来上がって、それが形になっているのはいい。

「わたしはこれをした」と思えるから。「これを作った」とか「出版までもっていった」とか。

 

それは、そうだな、たいしたことじゃない。

「今日はウォーキングをしよう、ちょっと長い距離だけど、川沿いにあそこの公園のところまで」と思っていて、ちゃんとその公園まで行けた。――そんなこと。

その手前で挫折しなかった。思っていたところまで行けた。――そんなこと。

 

それでもそれが、自分にとって何らかの達成感になっている。

ホント、自分にとってだけのことだけど。

 

それで何かが変わるわけじゃないことだけど、少なくともひどい気持ちになるのが多少防げる。

ひどくボロボロになるのを、少し支えてくれる。

そういう「少し」の「支え」がいくつかあれば、ボロボロになったかもしれないのが、「ちょっと疲れた」くらいで終わるかもしれない。

 

だからホント、やっておいてよかったな。

 

 

 

無料キャンペーンをしたら、持っていってくれた人が思ったよりいた。

最初のときと次のときと合わせて、20人くらい。たぶん。

それがまた、すごくうれしかった。

 

だって、ただでもいらないものって、けっこうあるでしょ。

 

そういうことが自分を支えてくれるから、やっておいてよかったな。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。