Bittersweet Maybe

ただの日記を予定しています。金曜更新のつもりでいます。それ以外の曜日に小さな日記を書くこともあります。

おそるべき敵が(3週間目の日記)(シリーズ:仕事)

1週間、2週間、3週間。

 

わかった。

わたしの居場所となるチームには、おそるべき人がいる。

扱いが超厄介な人。

 

その人はパート的スタッフ。

立場的には契約社員的スタッフのわたしのほうが上。

 

その人は悪い人ではない。

でも超厄介なので、悪い人と同じくらい困る。

 

ここまでの間、二転三転するその人の揺れ動く気持ちに翻弄され、右往左往。

 

どーすりゃいいの?

 

周りは親切にアドバイスしてくれる。

周りの、とにかく契約社員的スタッフとパート的スタッフのすべてが。

「あの人は白か黒かでグレーがなくて、自分の仕事を絶対に死守しようとするから、彼女の仕事に手を出さないほうがいいわよ」「××の業務には手を出さないことよ」

 

でも、正社員的スタッフの人が言うには、

「これまで彼女にとって働きやすいやり方が定着していたけれど、××業務についても△△業務についても、彼女だけでなく誰でもできるようにしていきたいんですよ」「人が代わったいい機会だから、できればこれは誰、あれは誰と決めるのじゃなく、誰でもできるようにしていきたいんですよね」

 

少しずつ分かってもらいたいという正社員的スタッフ。

 

無理。

あの人はたぶん、少しずつ受け入れるなんてことできない。

いっぺんに受け入れることもできないけど。

とにかく受け入れるには、彼女自身相当傷ついて、苦しんで、嫌な思いをして、ようやく無理やり受け入れることになるだろう。

だってそういう人なんだもの。誰かと共有なんてできない人なんだもの。

 

どーすりゃいいの?

 

だけど、この人のおかげで、周囲と仲良くはなれた。

ちょっと悪口を言ったり、厄介な人の愚痴をこぼしたりすると、人ってすぐに打ち解けられるからね。

その点は感謝だ。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。