Bittersweet Maybe

ただの日記を予定しています。金曜更新のつもりでいます。

通信制で学習するには(なるほどと思ったこと)

通信教育による挫折経験あり。2度ほど。


1つは大学の通信教育。
3年次編入を希望したけれど、単位が足りなくて2年次編入となった。
結局、初期のやる気だけでは進められなかった。やる気ばかりが大きすぎてもうまくいかない。


もう1つは校正の通信教育。
こっちは期間も短くて、金額も安かった。
サービス業しかしたことがないので、サービス業でない職種に就きたかった。
やる気も少なかったし、内容自体も面白みがなくて、続かなかった。


それ以降、通信教育で何かを学んだことはない。
資料を取り寄せるとかはしてみても、2度の失敗経験もあるので、夫に「本当にできるの?」と言われると、「できる」とも言い切れないし、「できなくたってやるだけやる」と強気に出ることもしなかった。




今回、福祉の資格取得のために、大学卒業資格のためと資格の勉強のために大学を選んだ。(以前に四大卒であれば、資格のための1年半くらいの養成コースでよかったんだけど、卒業していないのでそれはできなかった。)


万が一にも、もしかしてもしかしたら、今の仕事が実務経験として認められないかな?と思って養成コースのある専門学校の通信の説明会にも行ってみた。
認められないことは分かったが、興味深かった。
今どきの大学は、大~~~~昔の悠長な「思春期の延長」と違って、成果を求められる。そのために悠長な教育をしていない、システマチックになっている、と思った。
専門学校はさらにシステマチックだった。「卒業させる」「受験資格を取得させる」つまり、卒業率・受験資格取得率、さらには受験対策もするから資格試験合格率! 遊んですごせるようにはできていない。脱落者が出たら数値が落ちてしまうではないか。
とにかく卒業してもらうために、ことこまかに決められているカリキュラム。それを知ることができてよかった。大学通信を勉強する際、自分で活用できれば、卒業につながると思った。


――自分で活用するって難しいけれど。



--------------------------------------------------


●いつどのレポートを提出できるか決まっている


**月は「これこれ」と「これこれ」と「これこれ」の3本のレポートを提出
翌*月は「これこれ」と「これこれ」と「これこれ」の3本のレポートを提出


初月度にもし提出できなかったものがあれば、翌月以降提出もできるが、
そのときは1本いくらで別途料金がかかる
反対に、今月はいっぱい勉強できたから5本提出する、ということもできない
別に勉強してもいいけど、提出するのは指定の月



●いつどの試験を受けるか決まっている


レポートを提出するわけだから、そこから試験日が自動的に決まる
自分の都合で提出できず、試験が別の月になったら、別途料金がかかる



●実習中は決して休んではいけない


資格を取りたければ実習をしなければならない
この実習は、組まれたらもう休めない
休むと無効 ―― また次の申し込みをして、別途料金を払わなければならない



--------------------------------------------------



通信教育を始めて、テキストが送られてきて、わくわくして勉強したい気持ちだけがふくらんだ。
でもやみくもに参考文献を借りて読み続けたら、全然レポートを仕上げるまでに至らない。研究するんじゃないんだから、そこまで深入りする必要はない。
また、あれもこれもやりたくて迷うくらいだと、結局どれも終わらない。


「とにかくこの月はこれとこれ!」と決められていると、それをやるしかない。


終わらなくても、来月倍がんばろう――なんてことはできない仕組み。
来月になったらお金が余計にかかってしまう。なんとしてもこの3本は、この月に終わらせなければならないのだ。


●いつどのレポートを提出できるか決まっている
・・・・・・これはとても素晴らしいことだ。卒業を第一に考えるなら。


そうすれば必然的に試験の日が決まってくる。


●いつどの試験を受けるか決まっている
・・・・・・これも計画を立てて、自分の決めた年限内に取るべき試験を割り振ってしまうほうがよい。


総合的に、レポート提出日と終了試験受験日を決めよう。
専門学校はその点至れり尽くせりだが、自分はここには通わないので、自分で最初に年間計画を立てよう。



そんなふうに目標が定まった。



書類を取り寄せ、揃えて、小論文などを書き、大学通信制に応募(受験)。
この必要書類の中には「これこれの口座に初年度の学費を納入」するというのも入っているので、たぶん不合格者はほとんどいないと思われる。


合格通知が来て、履修登録をする前の説明会に行った。


大学も大~~~~昔の趣味教養の時代と違って、非常に実利的に説明してくれた。
陥りやすい失敗箇所は「これこれこうしたほうがいい」ということをあらかじめ教えてくれる。
途中で放棄してしまう人が少ないよう、できるだけ卒業率、資格取得率につながるよう、考えられているようだった。



●編入生には一人一人の個別カリキュラムが作成されていた
受験時の希望資格によって、個別のカリキュラム表が作成されていて、それを配布された。(一年次から普通に大学生的に勉強を進める人の場合は、一般の小冊子のみ。そりゃそうだ、専門や希望資格を決めるのはもう少し先でも大丈夫だから。)


希望する資格の受験資格として必須の科目にチェックが入っているので、とりあえずそれをすべて取る。卒業単位に足りなければ、選択のチェックが入った科目から必要な単位数選べばよい。


わたしは、範囲がかぶっている資格2つを希望したら、かなりの数になった。
それでもやりたかったけど、勉強はともかく、実習を2つの資格分するのは無理だという結論に達した。


そういう場合は、希望をやめる資格に取り消し線を引いたり、追加したい科目、削除したい科目にチェックや取り消し線を入れたりすると、新たなカリキュラム表を作成して送ってくれるらしい。
すごいな。



●さすがにスクーリングや試験日は、自分で考えた(けど、的確なアドバイスがあった)
何月にどれを取れ、というのまでは指定されていなかった。
短期養成コースと違って、年限も最低2年はかかるし、人によって希望資格の種類や数も違うだから仕方ない。


でも説明会では、やり方の説明以外に効率化や非効率的なやり方についても説明があった。


・まず実習前に必修となっている科目を優先して受講する
・スクーリング日程を優先して受講順を決める
・場合によっては、希望会場以外でのスクーリングも視野に入れて、必要な科目を確実に履修できるよう計画する



そりゃそうだ、という話なのだが、言われることでそれが頭の中に残る。
家に帰ってじっくり年間スケジュールを確認してみたとき、まずそのことが考えの前面に出る。


――そうか、そうして考えると、とにかくスクーリング日程を見なきゃな。
――同じ日程で受講できる科目が複数あるなら、実習に必要かどうかで判断しよう。


スクーリングは、大昔と違って、土日主体で受けやすくなっていた。
平日の夜間に2週間連続で開講されたって、東京以外の人は東京には来られないし、名古屋以外の人が名古屋で受けることもできない。さらにその地に住んでいても、残業のある仕事かどうかなどで受けられない可能性も出てくる。
週末2日、朝から晩までその科目の講義を受け、2日間で終わり、というほうがやりやすい。
夏休みだって今は「お盆はみ~んなお休み」というわけではない。お盆に朝から晩まで連続10日間なんて組まれても、そのときに休めるとは限らない。


土日ではないのもあって、「あ~~~~」と思うときもあったが、ほぼ土日。


だいたいの科目が、1つの会場につき年に2回ずつあるようだったので、「このときは平日だから(あるいは他のものを取りたいから)ダメだな」と思っても、次に受けたりできる。
ただ次の回が実習申込期限に間に合わないとなると、「なんとしてでも最初の回に取っておいたほうがいいな」となる。


わたしの場合、同じ島のパート的スタッフさんが出勤するのが水木金。
なので、月火は休みにくい。誰もいなくなってしまうからだ。日月のスクーリングは涙をのんで諦める――でも別日程のときも事情があって取れないとなると――
他の会場という選択肢を考えることになる。
――なるほど、希望会場にこだわっていては取りきれないな。


レポートは自分のがんばりで多少どうにかなっても、スクーリングはどうにもならない。
スクーリングの日程をまず割り振ってしまうのがいいな、とめどが立った。


スクーリング日程が決まれば、そう遠くないうちにレポートのほうも提出して、遠くないうちに科目終了試験を受けたほうがいい。
試験日1回ごとに受けられる科目は4つまでだから、スクーリング日程から計算してだいたいいつ頃試験を受けるか割り振れる。


となると、それに合わせて、「この月はこれとこれとこれ、3つのレポートを提出する」と決まる。
スクーリングから計算&逆算して、どの月に何を勉強するか決めて、必ずそれだけはやるようにする。


こういう計画性がなかったから、最初のときは挫折したんだなー。
それでも趣味としてゆるゆる勉強するならよかったろうけどなー。



計画を立てたからといって、それが実行できるかどうかはまた別の問題ではあるけれど。


行きもしないことになった専門学校だけど、見学会に行ってよかったな。
成功の秘訣の一端を見せてもらうことができた。
自力でそれができるか、「今月提出しないと罰金だぞ」というムチがなくてできるかどうか、安心はできないけれど、やみくもにやっては絶対うまくいかないことは分かった。


通信教育も今は素晴らしく進んでいると分かった。




マイナス面もあった。
素晴らしくシステマチックで、それにより分業制も進んでいたので、窓口の人はゼネラリストではない。
聞いた話が、説明会に行ってみると「え?違う?」ということがあったし、説明会の後の個別相談で相談した内容でさえ、実際に専門窓口に聞いた話と「違う・・・」ということもあった。うのみにしないこと。窓口で答えたからといってプロとは限らない。


まだほとんど人に言ってない。挫折が怖くて――





大学卒業資格がほしい

取得したかった資格の受験資格は、サイトに図式化されていた。


一般の四年制大学を卒業している → 1年以上の養成コース → 受験


11通りの道があったけれど、普通の人だったらこれが一番いい。
わたしの場合は四年制大学卒業ではないので、ベストは――


相談援助実務4年 → 1年以上の養成コース → 受験


でもそういう施設であっても、従事していた業務が「相談援助実務」かどうかが問題で、違うのだ。
相談援助を当然少しはすることになるとしても、それを主たる業務として行う部署だったかとか、厳しい規定があった。
ただこれは、その施設の長たる人が「この人はそういう業務に携わってきた」という印鑑を押してくれればいいので、長たる人にもよるのかもしれない。でも普通に考えて、長たる人は危ない橋は渡らないよね。


念のため、1年以上の養成コースを運営している専門学校などを調べて、説明会にも行ってみた。
でもやはりダメっぽい。


そこで、結論としては、これを採択するしかないと思った。


福祉系大学4年(指定科目履修) → 受験


福祉系大学を出ていても、受験に必要な科目をすべて履修していない場合は、短い養成コースを経ることになる。


福祉系大学4年(基礎科目履修) → 6ヶ月以上の養成コース → 受験






この決断に至るまでには、やはり葛藤はあった。
今さら大学卒業資格を取得してまで資格を取るべきか――
この年で3年も4年もかけて勉強するのか――


だけど思えば、これまでにやりたいと思ったことの多くが、大学卒業資格がないためにできなかった。福祉系ではほぼすべてといっていい。


何年も前に、ジョブコーチの仕事に興味を持ったことがあった。
その当時の仕事を辞めたいわけではなかった。ただ、仕事をする上でもそういう知識が役立つと思うし、いつかクビを切られたときにはジョブコーチという選択肢があるのはいいと思った。


ジョブコーチというのは、障害者が働く際に、企業と働く当の障害者、また関係者などの調整役をする仕事。
企業の上司や同僚が障害について専門的知識を持てというのは無理だし、家族でも障害についての知識や理解が充分にあるとは限らない。お互いの要望や、できるできないを専門的知識を持って双方と話し合って調整していく。


これは研修をしているところが複数あって、「資格」という感じではなかった。
都道府県や行政法人などがやっている研修では、学歴が問われていないものがあったけど、その仕事に就業することが前提だったので無理だった。
受けられそうな研修は、大卒の学歴が必要だった。


これはどうだろう?と思うものの多くは、大卒資格が必要だ。


何をするのでも、大卒資格はやはりあったほうがいいんだよな。
――とこんな年になって思っても、今さら取得しても役に立つかどうか。


それでも「資格を取るなら、ついでに大卒資格が取れるというのもいいか」と考えることはできた。
ついでにって、試験に合格しなければ資格は取れない。ついでというか、それしか得られない可能性もある。


後になればなるほど「意味はあるのか?」は大きくなってくるし、今ですら意味がなさそうな年なので、一念発起は大切だ。いい機会じゃないか。


だからまず大卒資格を取るところから始めることにした。


これが若いときだったら、将来的に心理系に進むときにこのほうがいいから、とか、認定心理士の資格が取れるから、とかで、心理学部を選んだと思うけど、わたしはもう若くない。
少し考えたけど、心理学部で資格取得を目指したら、「資格のために必要な特別な科目」が増えてしまって、その分お金がかかる。(資格取得のために特別に必要な科目は、1科目につきいくらの履修料金がかかる。福祉学部にしておくと、「特別に」必要なものはぐっと減るっぽい。)


若くないので、手堅く福祉学部を選択。


若いときだったら、いろいろな学習をするのが楽しかったろうけど、わたしはもう若くない。
とにかく目的の資格を取ることを最優先にするために、福祉学部の中でもさらに、そのものずばりのコースを選んだ。


受験に必要な項目の中に、実習がある。
仕事を長く休まなければならないので、もしかしたら受験資格を取れないかもしれない。
でもそれでも、大卒の資格は得られるので、悪くない。


大~~~~~昔に挫折した通信教育って、1つは大学だった。
中退してしまったので、卒業したかったけれど、通信てやっぱり大変だった。


今度も大きな決断ではあるけれど、専門学校の説明会に行ったのがよかった。
その専門学校に通うことはなかったけれど、最新の通信教育事情というのが分かったからだ。
社会にゆとりがあって、趣味の一環として通信制の大学でまた学ぼうという人たちが多くいた頃とは違うようだ。システマチックになっている。
なるほど、途中で挫折させないやり方って、こういうふうなものかと感心した。


それを自分に適用していこうと思った。
それは来週かな。もう長くなってしまったから・・・・・・




資格取得を目指そうと思った

職場って、いろいろ変わる。
自分のいる部署がなくなるかも?なんてことも起こるし、他の部署がなくなってそこの人員が押し寄せてくるかも??なんてことも起こる。


わたしは今の通称「職場」に雇われたとき、思った。
もうこれまでみたいなフリーの立場じゃないから、仕事はルーチンでつまらないだろうな。でももうそれでいい、年なんだし、そのまま10年20年勤めて、そこそこの仕事で安定を求めていこう。


安定たって、正社員じゃない。
でも正規ルートを歩いてこなかったわたしには、これでも充分な安定だ。


そう覚悟を決めて、気持ちもかなり沈んだものだったが、慣れてくればそれなりに楽しめる毎日になった。
立場を思い知らされて忸怩たる思いに駆られる日は少なくないけど、それは「仕方ない」部類のことだから、仕方ない。
少しでも楽しめる部分があるなら、すごくいいことだ。ありがたいことだ。


そういう1年だったのに、なんだか組織に地殻変動が起こるらしいと判明。
これから2年かけて地殻変動は完了する。


地殻変動期は大変だろう、と脅される。
地殻変動が終了したとき、あなたがどこにいるか分からないよ、と脅される。もしかしたら組織にいないかも。運よく残れても違う部署かも。
運よく今のままの部署に残れても、そこに別部署からの人が流れ込んで来て、しっちゃかめっちゃかになってる可能性も大きいよ。そのときあなたが今の業務を今のように続けていられるかは――どうかな~。などと脅される。


すべてがいかにもありそうなことなので、わたしは進退を考えておくべきではないかと思い始める。


●「地殻変動により人員削減の必要があるので、契約終了」と言われたら仕方ない。辞めるしかない。
●削減は他の人がかぶってくれたとしても、「地殻変動により人員を移動する必要があるので、あなたは××部署へ」と言われたら――
 ××部署だったら、やっていけない。辞めよう。
 △△部署だったら、とりあえず1年は更新して、ダメだったら次の年、辞めよう。
●削減も移動も対象にならず残れたら――
 でも××さんが同じ部署に来て、そして島までわたしと同じだったら、やっていけない。辞めよう。
 ××さんが同じ部署に来て、でも島は違っていたら、とりあえず1年は更新して、ダメだったら辞めよう。
 ××さんがわたしを子分のように扱える役目に就いたら、無理。辞めよう。
 △△さんがわたしを子分のように扱える役目に就いたら、1年更新して様子をみよう。
 ××さんがわたしの代わりにこの島に来て、わたしが他の島に移ることになったら? うーん、1年更新して様子をみよう。でも続けていくのは無理そうかな。




一連の思考の中に「辞めよう」が何度も出てくる。
辞めてどうする?って言われると、この年で辞めて、本当にどうするんだろう? 次なんてあるんだろうか?


幸いにもこの職場は、限られたこの業界内では知名度が高い。
ここでのキャリアは有利に働く。これまではそこでフリーランスをしていた職歴しかなかったが、今は契約社員的経歴もアピールできる。


それにしても正社員でもなんでもないからなぁ。


そこで補強のために、資格取得を目指すことにした。


去年の年度前半わたしを苦しめたパート的スタッフさんも、同じことを言い出した。
(パート的スタッフさんとは着地点を見出し、状況をコントロールできるようになった。)


パート的スタッフさんは、わたしたちの業務の側面で言うと、主となる側面からの正攻法なアプローチで、IT系の上級資格を取るという。
この人は試験対策にとても強い人なので、土日にすごい勢いで勉強して受験したそうだ。でも通る気がする。


わたしはというと、IT系の資格を取る自信もないし、何よりIT系の仕事で先々バリバリやっていきたい気持ちもない。
知識をブラッシュアップし続ける率の高いIT系は、わたしには常に綱渡りだった。
「先生」と呼ばれる人種の中には、大昔の広範な知識をとうとうと語ることで尊敬を得ている人もいるけれど、わたしには無理。だって時代がどんどん新しくなっていってるのは分かってるのに、古い知識のままで偉そうにしてるなんて、臆病者だからやりにくい。そういうのは堂々としていないと。
それにわたしって、たぶん、古いだけじゃなく、低いんだろうな。すぐに馬脚を現している気がする。


IT系は諦める。無理だもの。
もうひとつの側面、福祉で行こうと思う。




そこに至るまでには、外的刺激もあった。


地殻変動の話がピラミッドの下層にも伝わってくる前に、人に言われたことがあったのだった。
「自分は仕事だけでなく、勉強をしている。あなたも何かしたら?」
関係性としては、相手は男性、わたしは女性。
相手はかつてのキャリアが高くて、わたしはまあいつでも低かったので、出会った環境では立場が逆だったが、会話ではわたしは相手を立て(女性ってたいていそうだよね)、相手はわたしを自然に下に見ているのだろうと思う(まあ、キャリアの高かった男性って自然にそうなのかもね)。


その人が勧めてくれたのは、「宅建はすぐに取れたよ」「英語を自分は勉強しているよ」「これからの時代は中国語のほうがいいかもしれないよ」など。
生涯学習としてよくても、宅建、今のところ使う予定皆無だし。勉強大変そうなのに使わないものを取っても――わたしは怠け者だからなー。
英語も中国語も同様で、「何かやりたいとは思うけど、何をしたいか決まらない」みたいなことでお茶を濁して終わった。


ただそこで、「何か勉強したら」というのは、わたしの中に残った。


それから地殻変動のことが下層階級にも知らされた後、「職場」でフリーランスの頃お世話になっていた人に言われた。
「絶対そのときには人員削減があるから、切られない人材になっておきなさい」ということ。


その人は、「切られない人材になるには、他の人が持っていない資格を取ることだ」と言う。
なんなら正社員的スタッフになる道も考えてみろ、と言う。「**さんは正社員的スタッフになりたいと思い続けているし、**さんは正社員的スタッフにならないかと言われたことがあったけど、2人とも大学を出ていないから受ける資格がなかった。もし大卒資格がないのなら、そこから始めて用意しておきなさい」
正社員的スタッフはなれないと思う。確か、応募資格が「○歳まで」となっていて、年齢制限があったはずだから。


今から勉強を始めて、地殻変動までに間に合いはしないが、その後も考えるなら、資格取得は大切なことかもしれない、と思い始めた。
辞めるとなったら、武器が欲しい。この地殻変動で組織外へと掃き出されなくても、いつかまた何かがあるかもしれない。


そこで取ろうと思う資格を決めた。
大学を通信制などで卒業するというのは、時間がかかって難しいのではないかと思った。
わたしは正確には「高卒」ではなく「大学中退」なので、編入の形をとれれば年限は短縮されるけれど、最低でも2~3年かかる。
取りたい資格の場合、実務経験があれば6~9ヶ月の短期養成講座を受講することで受験資格が得られる。
――「受験資格」なので、試験を受けて合格する必要があるが。


ところが「実務経験」の規定は厳格で、わたしがしてきた業務はどう考えても当てはまらない。
結局は考え直さざるを得ないことになってしまったのだが・・・・・・


結論としては、大学卒業資格と資格受験資格を取るべく、通信制の大学を選ぶことになった。それは来週にしよう。長くなったから。